サブメニュー

闇金融からは借りては駄目

消費者金融や信販会社は法律により金利に規制があります。もし法定外の金利を取ってしまった場合には罰則がありますから、その点に関しては各社とも厳密に計算して間違いのないようにしています。ただし、闇金融は話が違ってきます。

 

そもそもヤミ金は法令などお構いなしに営業していますから、信じられないような高金利を課して貸し付けしているのです。ですから絶対に借りてはいけないのですが、審査があってないようなものなので、借りる人が後を絶ちません。

 

実は私の友人も事業の失敗がきっかけで闇金融に手を出すようになり、大変な目に会っています。恐るべき金利ですからすぐに支払い不能になり、そして待っていたのが金利以上に恐ろしい取り立てでした。

 

ほとんど嫌がらせのような悪質な取り立てが、会社はもちろん自宅で行われたのです。攻撃対象は本人だけではなく、家族にも及びました。この取り立てがヤミ金の最も恐ろしい部分かも知れません。友人は一時期、一家離散のようになりました。

 

いずれにしても闇金融とは絶対に関わってはいけません。そしてもし関わってしまって悪質な取り立てに苦しんでいるのであれば、すぐに警察及び弁護士や司法書士に相談して問題の解決に当たって下さい。

 

闇金融は債務整理とは異なりますが、費用に関する相談としては同じです。正規業者と闇金融の借金が混在している場合には、解決にいくらかかるのかを債務整理の安い費用で見ておくと良いでしょう。