サブメニュー

金融会社によって異なる対応

普通のサラリーマンや主婦は金融関係にあまり詳しくない人が多いので、良心的な金融機関と悪徳な金融機関を見極めるのが難しいです。銀行と消費者金融くらいの区別しかつかないのが一般的です。最近は消費者金融でお金を借りる人も多く、キャッシングも浸透しています。大手の消費者金融はテレビコマーシャルも放映しており、手軽で身近なイメージをもつ人も多いです。

 

しかし銀行以外の消費者金融がすべて同じだと考えることは大変危険です。ひとくちに消費者金融といってもその規模で大きなところから小さなところまであるだけでなく、信頼できるところと悪質なところがあります。大手の消費者金融は、親会社が銀行系なところも多く信頼できる金融機関ですが、闇金融と呼ばれる悪質な金融機関も存在しています。

 

それに気づかず消費者金融ならどこで借りても同じと軽い気持ちでお金をかり、とんでもない被害に遭っている人が多くいます。もちろん被害にあった人も自分の借りた金融機関が闇金だとわかっていたら借りなかったでしょう。

 

お金を借りる際に、店舗に出向いて借りる手続きをしても、ネットで借りる手続きをしても借りる際はそれが闇金融だとはわかりにくいものです。わかるのはすぐに返せなくて、利息が急激に増えていって返せなくなった時です。そうなると銀行や大手の消費者金融の催促とは、全く違う嫌がらせや脅迫めいた取立てにあり、借りたことに後悔します。

 

借金問題を解決するためにも、無料で話が聞ける債務整理の相談・解決のための弁護士情報を見ておきましょう。